靴について、ダイエット中にNGな事とは?

ダイエット中にNGな事

今、ダイエットの最中なら

東京・中野・新宿 足と靴にお悩みなら…

フットレスキューの井出淳子です

 

今、ダイエットをしていませんか?

ダイエットは女性にとって優先事項ですね。

 

私もフットレスキューと平行してファスティング・マイスターとしてお客様のダイエットのお手伝いもしています。

 

足の問題は体重とリンクしています。

足は体の重みを一身に受けているので、足の修正のためダイエットを避けて通れない場合もあります。

最後の足の調整は体重で!となると、筋肉を落とさず脂肪をキレイに落とす「オプティマム・ファスティング」という方法をご紹介しています。

 

さて、ダイエット中にやってはいけない事があります。

何だかわかりますか?

 

 

ダイエット中はコレをしてはいけない!

 

タイトルにもあるように、それは靴についてです。

 

ダイエット中は靴を買ってはいけない!

 

 

特に…パンプスとブーツは買っはダメです!!

 

どうしてかというと、足も痩せるからです。

体重が落ちると共に足も細くなります。

 

痩せて理想の体型になって着たかった服をまとって颯爽と街にでかけよう!

それを楽しみに頑張ってきたダイエット。

目標体重になって、晴れて計画を実行!

 

その時にあれっ??となったりします。

 

「持っていた靴のほとんどがパカパカになってしまい上手く歩けません!」

ダイエットをされたお客様から、そうご連絡を頂いたことがあります。

 

ダイエットをして体が痩せると、足も一回り小さくなったと感じます。

今までちょうど良かった靴がユルくなってしまったり。

 

 

実は痩せても足の縦の長さは変わりません。

変わるのは足の横幅や踵の太さです。

 

靴の中で細くなった足が前に滑ってしまい踵にはすき間ができます。

足の長さが短くなった訳ではありません。

 

スポーツシューズやスニーカーはヒモで調整できるのでまだ良いのですが、パンプスはユルくなってしまうとどうにもなりません。

 

踵がユルい靴

 

パンプスのユルさは足にとっては致命的です。

 

ユルくて足が靴の中で前に滑ってしまい、爪先は痛いは踵がパカパカして歩きにくいはで、ダイエット後の楽しいお出掛けが散々になってしまったり。

 

ブーツについてもダイエット後は合わなくなってしまう場合があります。

ブーツはふくらはぎや足首のフィット感がとても大切です。

 

ダイエットをして脚が細くなった事は喜ばしいのですが、ブーツのふくらはぎ部分がユルくなってしまったら…、ブーツの良さは微塵もなくなってしまいます。

雨の日にはく長靴が歩きにくいのは全体的なユルさのせいです。

 

 

楽しみは後にとっておく

せっかく痩せたのに靴が合わなくなってしまったなんて…

フィットしていた靴がユルくなると本当に困ってしまいます。

 

でも、残念な事に靴のユルさは修正がききません。

 

インソールを入れたら大丈夫です!という靴屋の店員さんもいますが、インソールは靴のユルさを修正する物ではありません。

 

洋服がユルくなるのと違って、靴のユルさは足や体に与える影響がとても大きいです

ユルくなってしまった靴はスッパリあきらめて、今のスリムになった足に合う靴を探してかないとなりません。

 

なので、先にお伝えしたようにダイエット中に靴を買うことは絶対にNGです。

足に合わなくなってしまうからです。

 

今、ダイエットをしている方やこれからダイエットを計画をしている方は、ダイエットが成功してからパンプスやブーツを買うようにして下さい。

 

いえ、出来ればどんな靴でもダイエットの後に購入する事を強くお勧めします。

 

スリムになって素敵な靴をはいている自分を想像しながら楽しくダイエットを頑張りましょう。

では、ダイエットの成功をお祈りいたします。

 

Pocket