魚の目が痛くて、腰痛まで辛い【お客様の声】

腰が痛い女性

腰まで痛くなる魚の目

【中野・新宿】フットケア専門「ラポルト」のフットレスキュー井出淳子です。

時々、ご紹介でサロンにいらっしゃるお客様もいます。

「靴が足に合わなくて困っているお客様がいる」と鍼灸の先生からAさまをご紹介いただきました。

始めは靴のご相談だったのですが、足を診てみると硬い魚の目が前足部の中央にあり、そのせいで腰痛まで起こっているとのこと。

前足部中央の魚の目

 

以下Aさまのご感想です。

どんな足のお悩みをお持ちでしたか?

昔はパンプスを履いたりしていましたが、今は足が太くなってしまい履けません。

もうパンプスを履こうとは思いませんが、外反母趾になってしまい普通の靴も履いていると痛くなってしまいます。特に左側が痛くて、調子のいい靴を見つけるのが大変です。

いつの間にか足の裏も痛くなってきて、左足の裏に魚の目ができてしまいました。

自分で取ろうと思って、薬局で売っていた貼って溶かすタイプのパッチをつけたのですが、位置がズレて魚の目と違う部分の皮膚がおかしくなってしまいました。

それ以来怖くて痛くても自分でいじらないようにしていました。

こんな事で病院に行っていいものかと気が引けてそのままにしていました。

そのうちドンドン魚の目が大きくなって、歩く度に気になって。

魚の目のせいか、歩いていると腰まで痛くなったりしました。

 

ケアを受けていかがでしたか?

まず、一緒に靴を選びに行っていただき本当にありがとうございました。

ずっと履いていた調子の良かった靴がもうボロボロで捨ててしまいました。その後選んだ靴が合わなくて、普段にはける靴がなくて困っていました。

沢山の靴の中からどの靴が足に合っているのか、自分だけでは選びきれないです。大きさも今まで適当でした。選び方を説明してもらって、大きい方がいいと思っていましたが逆だとよく分かりました。

買った靴を履いて歩いたら歩幅が広くなって歩きやすくて驚きました。

魚の目を削ってもらい、もっと歩きやすくなりました。

今まで痛いからと歩き方がおかしくなっていたんですね。

 

 

井出に一言メッセージをお願いします

こういったサービスがある事が知られていないのは勿体無い事だと思いました。

若い頃と違って足が変わり外反母趾や魚の目ができてから、足は大事だと分かってももどうしていいかは分かりませんでした。自分でやって失敗もしました。

足で困っている人は多いでしょうから、こういうサービスを知ってもらいたいと思います。

魚の目も気にならなくなってラクに歩けて嬉しいです。

Aさまと

思い違いが起こす足のトラブル

Aさま、ご感想をありがとうございました。

 

Aさまは自分の足は幅が広いと思われていましたが、実際に測ってみると幅は細く甲も薄いお足でした。本来なら細い靴が合う足です。

外反母趾の方は親指の付根が当たるので幅が広い靴を選んでしまう傾向にあります。

 

外反母趾ではなくても「なんとなく…」で靴を選んでいると、なぜか選ぶ靴の幅はドンドン広くなる傾向にあります。

足に合わない靴のレントゲン写真

上の写真ですが、同じ人が靴をはいてレントゲン写真を撮ったものです。足に合わない幅広い靴をはくと足の変形は進んでしまいます。

結局、幅の広い靴が外反母趾や足の靭帯がユルんで広がる開張足の原因の1つとなっています(他にも原因はあり、足の問題は重層的です)。

 

自分の足のサイズを計測して、自分の足がどんな足なのかしっかり確認する事は良い靴を選ぶ一番大切な事です。また、足を守っていくための必要最低限知っておく事です。

 

Aさまの足にできていた魚の目も幅が広い靴を履き続けた結果ともいえます。また、外反母趾も症状も進んでしまいます。

 

幅の広い靴は百害合って一理無しです。

その理由はこちらの記事をご覧下さい。

かのサルバトール・フェラガモもその著書で、迷ったらキツい靴を選んでおけば間違いないという事を言っています。

Aさまには次回新しく購入した靴にインソールを入れてより足に合った歩きやすい状態にしていきます。インソールを入れた靴で歩くことによって、足や歩きの機能を取り戻していただきます。

 

またもっと積極的に足の問題に向き合っていきたいという方は毎月開催している「足のお悩み相談会」にぜひお越し下さい。また個別でもご相談を承っております。

人生で一度、足の事を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

お待ちしております。

足のお悩み相談会について詳しくはこちらから

 


お問い合わせ用メールフォームはこちら

井出 淳子

足からあなたの未来を変える!足のお悩み相談フットケア専門のフットレスキュー井出淳子です。子供の時のケガのため15歳の時に医者から「将来、君は歩けなくなる」と言われ、20代は足の問題に苦しむ日々を過ごしました。自分自身の足の問題を解決するため足と体の勉強をはじめ、ボディケアの世界に転身。自分自身の体を実験台にさまざま行う中で得た経験を元に『美健足レッスン』というメソッドを考案。現在は中野駅北口に足から体を見直すサロン「ラポルト」にてフットケア、ボディケアをとおし皆さまの足の問題に向き合っています。目標は「天国の階段も自分の足でのぼる!」 一生ヒール靴でイキイキと歩けるよう頑張っています。